サンクリラン・カルスト洞窟調査(2010年8月)

■はじめに
2010年8月、当部はインドネシアの東カリマンタン州、サンクリラン・カルスト地帯で洞窟調査を実施した。目標とした大洞窟の発見には至らなかったが、中規模の洞窟を探検し、洞内撮影と測量によって未知洞窟の全容を明らかにした。
以下では、本調査の報告をいくつかの記事に分けて公表する。

テボ洞窟(総延長およそ1500m)の測量図

■目次
活動全体の報告
・測量図
アルバム
報告書の作成
・下見調査(2010年3月)
・事前準備

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です