別冊早稲田ウィークリー『新鐘』への記事掲載

2011年11月2日発行の別冊WASEDA WEEKLY『新鐘』に、探検部の旅プランが「まだ見ぬ秘境へ インドネシア サンクリラン・カルスト洞窟29泊30日の旅」として掲載されました。『新鐘』は、早稲田ウィークリー編集部が発行している季刊誌です。今回は「旅」特集で、旅に関するさまざまな記事が掲載されています。『最後の冒険家』で有名な写真家・石川直樹のトークセッションなどがあり、なかなか面白いです。
探検部の記事は、早稲田リンクスというサークルに取材を受けて掲載されたものです。「厳選 早大生におすすめの旅プラン」というコーナーに、「まだ見ぬ秘境へ インドネシア サンクリラン・カルスト洞窟29泊30日の旅」という題で1ページの旅プランが載っています。2010年8月の「サンクリラン・カルスト洞窟調査」を旅行プランとして紹介しています。p.20です。

キャンパス内の『早稲田ウィークリー』ラックにて無料配布中とのことなので、興味のある方は是非ご覧下さい。

なお、早稲田ウィークリーには近年に2回探検部の紹介記事を載せてもらっています。web版の記事が以下から見れるので、ものすごく暇な方は見て下さい。

誰も足を踏み入れたことのない洞窟へ(2010年4月22日号掲載)
50th Anniversary!! 伝統ある探検部とその歴史(2006年4月27日号掲載)

記入:佐野洋輔

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です