大久保の風穴 人工登攀・写真撮影訓練(2013/06/15-16)

シェアする:

活動名:大久保の風穴 人工登攀・写真撮影訓練
活動期間:2013年6月15日~16日
メンバー:CL;田中(2年)、SL;松田(2年)、人工登攀チーフ;白沢(4年)、記録;和田(1年)、西原(1年)、河窪(1年)

洞窟遠征に向けて上級生は人工登攀の訓練、1年生はSRTの昇降訓練をしてきた。人工登攀は人工登攀をした3人ともプロセスを十分に確認できた。そして人工登攀の危険性も再認識し多くの反省を得た。例えばハンマードリルでボルト打ち込む穴を作成する際、岩盤の表面は堅い岩石でも内側は粘土質で脆かったため穴を空けた箇所が崩壊してしまったことがあった。この時はドリルから伝わる振動やドリルビットが食い込んでいく速さが大きくなったことなどの現象から、支点作成前に崩壊を予測することができた。こういったことにも気を付ける必要がある。一方、1年生は当初の計画では5人であったのに対し実際は3人だったので時間に余裕ができ、SRTをたくさん練習することができたようである。
また、人工登攀の練習を増やしたため写真撮影はデジカメで撮るだけになったが、はじめて洞内で動画撮影を行った。動画は洞内では強力なライトが要ることが確認されるとともに、活動報告に非常に有効ということも確認された。

P1000775(入洞前に装備を並べての集合写真)以下活動の様子と記録の詳細

P1000779(洞口)


P1000804(リギングの様子)

P1000816
(SRT練習の様子)

P1000842
(人工登攀をする白沢)

P1000852(人工登攀中の松田)

○2013.6.15(土)

8:00 白沢田中和田河窪西原 部室入り

8:25 五人で学館前待機
8:32 車到着、松田と合流

8:40 学校前出発 在京連絡 保坂さん宅へヌンチャクを取りに行く

8:58 保坂さん宅発

11:08 かっぱずし着

12:00 かっぱずし発

12:10頃 コンビニ着

12:18 コンビニ発

12:31 洞口付近駐車、団装確認、着替え

13:40頃 撮影

13:50出発準備

14:10車止め出発

14:25六畳の間、2パーティーに分離、リギング開始

16:10 SRT練習開始

松田白沢 第1,2ピッチのリギング完了

第1ピッチ下にて白沢リード松田ビレイで人工登攀開始

17:10  1年リビレイ、ディビエーション通過時の付け替え練習

17:50頃 トラバース、下降切り替え練習

田中 人工登攀のところと6畳の間往復

18:40 一年生と田中 第一ピッチへ

白沢 人工登攀具回収

19:40 出洞開始

20:45 全員出洞完了

21:13 車で出発

21:35 すき家着

22:00 すき家発

22:07 ファミマ着

22:20頃 温泉(湯楽の里)着

23:30 温泉発

23:44 駐車

就寝

○2013.6.16(日)

5:00 起床

6:25 出発

6:35 6畳の間到着

6:52 2パーティ(1年とその他)に分離 田中松田白沢第1ピッチ下へ

リード松田ビレイヤー田中人工登攀開始 白沢1年のいる6畳の間へ

8:28 一年生、白沢第一ピッチへ

1年生第1、2ピッチ昇降訓練

松田と田中トップとセカンドを交代

白沢和田一時出洞

12:00田中ロワーダウン 松田人工登攀ルート登り始め

12:40 出洞準備開始

松田ダブルロープで懸垂下降しアンカーを回収開始

12:52 出洞開始

13:46 白沢、1年生出洞、ロープ洗浄開始

松田 懸垂のロープが引っ掛かり結局SRTでのぼり返しスリング一つを残置し下降

松田出洞 田中第1ピッチデリギング

15:15 田中出洞完了

16:44 出発 在京連絡

17:21 くるまやラーメン着

18:00 くるまやラーメン発

19:42 学館前到着、荷下ろし

19:46 松田車返却へ、部室で装備を干す

21:30 解散

文責:田中

シェアする:

27件のコメント

  1. I just want to tell you that I am just newbie to blogs and actually enjoyed this web page. Likely I’m want to bookmark your blog . You actually come with terrific articles and reviews. Many thanks for sharing your blog.

  2. Kurye olarak hizmet veren kişiler, bulundukları lokasyondaki her adrese en kısa sürede ulaşma yolunu bilirler. Üstelik verilen bu görevi hava, trafik ve buna benzer diğer olumsuz şartlardan etkilenmeden yerine getirirler. Yani iş hayatı başta olmak üzere hayatın hemen her alanında önemli görevleri üstlenebilir ve başarıyla yerine getirebilirler. Özellikle büyük şehirlerdeki trafik kaosu ve adres konusundaki karmaşa göze alınırsa, kurye hizmetlerinden faydalanmanın bazı durumlarda zorunlu hale geleceği anlaşılabilir. Örneğin İstanbul’un bir noktasından diğer bir noktasına acil şekilde önemli bir evrak ulaştırmak gerektiğinde ya da hastanızın ihtiyacı olan ilacı acil ve güvenli bir şekilde ulaştırmak gerektiğinde, İstanbul moto kurye hizmetimizden faydalanarak sorununuza çözüm üretebilirsiniz.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です