カムチャツカ遠征隊訓練行Ⅱ 奥多摩主脈縦走歩荷訓練

カムチャツカ遠征隊訓練行Ⅱ 奥多摩主脈縦走歩荷訓練

1:カムチャツカ遠征とは

ロシア北東部、チェクチ自治管区、カムチャツカ地方にまたがる「コリャーク山脈」の周辺調査活動、また「山脈最高峰 Ledyana(2453m)」の外国人隊初登頂ならびに周辺の人類未踏峰の登頂を目的とする。期間は8月上旬から1カ月半。遠征隊隊長は3年生の井上。2年生は副隊長の走出を含め3名。そして入部したての1年生1名。また、今まで数々の海外遠征に参加し、映像作品を制作してきた4年生の小野(武蔵野美術大学院生)を加え、早大探検部員計6名で活動する。(カムチャツカ遠征隊紹介支援公式ホームページ→http://www.wasedatanken.com/kamchatka/

遠征開始まであと1カ月。カムチャツカ遠征隊の内数名は、今までナミブ砂漠縦断隊(中止、現アタカマ砂漠隊)と合同で歩荷訓練活動をいくつか行い、体力強化に励んできた。遠征も迫って来たところでより実践的な訓練が必要と判断し、前回(6月17、18日)は雪山活動に参加してきた野田がリーダーとして白馬岳で雪上訓練を企画し行うことにした。(カムチャツカ遠征隊訓行Ⅰ 白馬岳の報告→http://wasedatanken.com/archives/3165

今回は継続的な体力強化のために、奥多摩で歩荷訓練を行った。また、探検部でのリーダー経験がない1年生の小松には、訓練活動のリーダーという責任を負わせ、遠征隊の一員として隊で行動する力をつけてもらった。

2.訓練活動の目的 

カムチャツカ遠征では、コリャーク民族の村から山脈への移動開始時、一人あたり30kgの荷物を背負って行動することになる。今回の訓練とは異なりルートは比較的平坦で、食料の消費に伴いザックの重量は減る。しかし、遠征を成功させるためには隊員の体力の強化が必須の課題であるのは確かである。今回の歩荷訓練では、一人あたり最低25kgの荷物を背負い、アップダウンのある奥多摩の山々を歩くことにより体力の強化を狙った。

3.期間

6月30日~7月2日

4.活動地域

東日原バス停~一杯水避難小屋~酉谷山避難小屋~長沢山~雲取山~留浦バス停

5.メンバー

CL(隊長):小松 SL(副隊長):井上 記録:吉田

隊員:走出 野田 小野

6.活動詳細

7月1日

6:00 奥多摩駅集合

6:54 東日原バス停着

8:05 登山開始

14:30 酉谷避難小屋到着

17:00 就寝

◆所感、写真

奥多摩駅に集合後、バスに乗って移動。東日原バス停にて朝食と歩荷の準備をした。今回は、ポリタンクに水を入れて重りとした。

朝食のパスタはカムチャツカ遠征にも持っていく予定だ。パスタソースのクオリティの高さに毎回驚かされる。

歩き始めて早々に隊員の小野が腰の痛みを訴える。ザックの骨を調節して再出発した。

ほぼ同時刻に小松の靴紐が切れてしまう。幸先の悪いスタートとなってしまった。細引きと呼ぼれる細いロープを靴紐代わりに使い応急処置をした。

登山開始からしばらくすると、ザアザアと雨が降り始めた。かなりガスが出ており、視界も悪い。一度停滞して、全員雨具を着た。遠征で向かうコリャーク地区では雨が多い。不幸中の幸いとでも言うべきか、良い訓練になったと思う。

雨が降ると、夏の奥多摩でさえ停滞すると体が冷えた。長い登坂で汗をかいていたのもあるが、急な体温の低下は危険である。カムチャツカでは防寒対策を徹底する必要がある。

一杯水避難小屋にて休憩。濡れた衣服はしぼると水があふれた。隊員の体からは湯気が立ち上っていた。歩荷や縦走など、長時間の活動では長い休憩はかえって疲労を増やしてしまう。足に乳酸がたまるからだ。原則、一時間に一度10分程度の休憩を取り、その他は息を落ち着ける程度にとどめる。

酉谷避難小屋に到着したとたん雨が止んだ。少し悔しい。小野さんはドローンで空撮をしていた。

夕食では初めてフリーズドライ食品(マイナス30℃で急速に凍結、減圧して水分を昇華させて乾燥させた食料。軽量で軍隊において缶詰に代わる携帯食として発達した)を試した。種類はカレーや親子丼など。遠征に持ち込む種類を決めるためにも、全員で試食を行った、予想をはるかに超えるおいしさで、遠征中に食べるのが今から楽しみだ。

全員長時間の歩行と重い荷物による疲れと前日の睡眠不足から、食べてすぐに就寝した。

7月2日

5:30 起床

7:00 出発

15:00 雲取山到着

19:50 奥多摩駅到着

◆所感、写真

2日目は一転して気持ちのいい朝を迎えた。午前四時頃までは強く降っていた雨は出発時にはすっかりあがって、風が気持ちの良い登山日和の気候となった。しかし、長時間の雨から、登山道にはぬかるみや水たまりが残っており歩きにくい。

荷物の重さからか、かかとに負荷がかかったようで靴ずれを起こしている隊員が複数人いた。新しい登山靴など買った際には、靴ずれを見越してさきもってテーピングしてしまうと良いらしい。絆創膏はずれるので、あまり意味はない。

鹿を3~4頭見た。人に慣れているのか、おびえたり逃げたりする様子はなかった。

興味深そうにこちらを見ている姿は、なんだか愛らしい。

今年は熊の数が例年よりも多いらしく、かわはぎ(熊が遊びとして木の皮をはいだ跡)を見た。撮影をしていなかったため、画像はインターネットより。(※http://tukinowaguma.net/archives/177から引用)

雲取山山頂まではコースタイムの約0.5倍のスピード。山頂に向けての登りは地形図上で見るよりも長く感じて、正直とてもつらかった。ただただつらかった。足の裏が痛かった。

東京都最高峰の雲取山は標高2017m。なんと、今年の西暦とぴったりなのだ。今年中に登りたいと思っていたので、個人的には登れてよかった。

車道に出て重荷を下ろして空を仰ぐ隊員たち。雲取山からの下りはコースタイムと同様のペースで下ることができた。下りは息が切れる事もなく、休憩はほとんど必要なかった。長時間動き続けることができて、ゴールが近くなると山道を走り出す隊員もいた。25kg背負ってのトレイルランニングだった。

7.感想(CL小松)

今回の訓練活動は1年生である私が初めて隊長を務める活動ということで、計画が失敗しないかと活動前から心配だった。悪天候も後押しして、不安が膨れ上がっていたのだが、隊員のサポートにより無事に計画を終えることができたと思う。特に本訓練の副隊長兼カムチャツカ遠征隊隊長の井上先輩には、本来活動の隊長の仕事であるタイムキーパーを代わりにしていただく形となった。隊長としての力不足を感じ、申し訳なく思った。

また、本活動では本来雲取山荘で一泊する予定であり、活動は二泊3日の予定であった。しかし、隊員の希望から雲取山荘は一気に通過して、二日目にバス停まで下った。二日目の総移動距離は約22kmであり、雨でぬかるんだアップダウンのある山道を25kg背負って歩くには、かなり長めだろう。井上先輩いわく、隊員に少し無理をさせることで、本番に向けての自信に繋げようとしたらしい。確かに、自分の思っていた限界は必ずしも体力の限界ではなかった。本番で無理をすることは出来ないが、訓練をしている今だからこそ、少し無茶をして自分の体力を知っておくのも大事かもしれない。

また、本活動において各隊員の歩くペースには個人差があったが、体力不足を感じさせる隊員は1人も居なかった。自分のことになるが、私個人としての課題は体力面ではなく、同じような景色が続く中、ペースを維持して長時間歩き続けられるモチベーションを維持する精神面だと感じた。

文責 小松(1年生、奥多摩主脈縦走歩荷訓練活動CL)

記事作成 小野寺(3年生、遠征隊在京広報担当) 

4件のコメント

  1. Okay,? Lee mentioned ɑnd then he stopped and thought. ?One of
    the best thing about God is ??? һmmmm?????..? He puzzled ɑs
    a resսlt of he had so many things thyat had been nice aboսt God but he wanted to choose оne
    of the best one so he wokuld win the game.
    ?Thaаt he knows everything. That?s really cool. Ԝhiсh
    means he can help me with my homeworқ.? Larry cߋndluded ԝith a proud expression on his face.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です