冬の雲取山

前々からやってみたいと思っていた雪山経験のために昨日2月1日に雲取山に行ってきました。
メンバーはOBの谷川さんと大平です。

前日、終バスで鴨沢に行きテント泊。
もともと天候のため変更したけれど一泊二日の予定だったため、
無駄にテントの中でペミカンカレーとイベリコ豚を食す。
油がたまらなかった。

当日、まだ暗いうちに出発。最初のうちは快調に飛ばして歩く。
雲取山荘のHPに山荘前で30センチの積雪と書いてあったため、
期待はしてなかったが標高1500位までは雪らしきものはまったく見えない。
重装備+厳冬期用登山靴の二人はデイバックのおじさんに抜かれ、
雪の無いせいかテンションも落ちペースも落ちる。

しかし山頂に近づくにつれ、雪の積雪が見られるようになり、
山頂に着くと約40センチの積雪。
天気良く、新宿のビルも南アも富士山も見える。
トレースの無い斜面でアイゼン歩行や滑落停止の訓練をする。
また鴨沢ではAMしか入らなかったが山頂ではFMしか入らず、
アバがほど良いノリで流れる。

下山は三条方面へ。こちらは全くトレースが無く、影となる場所も
多かったので積雪が多く気持ちよかった。
その後長い二時間の林道歩きで終了。

雲取は雪がある山として入門に適していると感じた。
しかしあの長いアプローチを考えると山頂で1拍したほうが絶対に楽しい。
次は違う雪山に行ってみたい。

<5:50鴨沢 10:30七ツ石山付近 12:50雲取山頂 16:00三条 18:30お祭>←充分な休憩や、雪上歩行の練習を含む。
雲取山山頂にて
←雲取山山頂にて。セルフタイマー機能で撮影。富士山がよく見えた。

記入:大平

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です