測量練習in戸山公園(2010/07/03)

73()、東京スペレオクラブの山西敏光さんを講師として早稲田に招き洞窟測量の練習を行った。

まず早稲田大学学生会館の中にある会議室にて、私たちが夏に企画しているインドネシアサンクリランカルスト地域の計画書を拝見して頂きました。山西さんは現在仕事でインドネシアに滞在されているため洞窟の話を超えて、現地の救助用ヘリコプターについてなど現地地域について様々な意見を伺うことができました。

 昼からは近くの戸山公園を舞台に測量の練習をした。公園内の道を洞内のルートと考え、横の植え込みを洞壁、道の上に被さる木の枝や葉を天井高と設定し、レーザー距離計(傾斜計付き)・タンデム・コンパスを使用し2チームに別れて測量した。所々分からない所がある時はその都度、山西さんに尋ねるようにし、公園内を一周する道を測量した。

 夕方からすぐに精図に入り、測ったデータを方眼紙に記入した。しかし公園内を一周する道を測量し、開始点と終了点を揃えたはずなのに、紙上ではその点が一致しなかった…。もっと慎重にやらなければいけないと感じました。

 

 山西さん、貴重な帰国中の時間を割いて一日お付き合い頂きありがとうございました。


 記入:大平

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です