鷹ノ巣谷遡行(2010/10/12)

アプローチが容易ながら大滝を構える、奥多摩の鷹ノ巣谷へ行ってきた。
メンバーは大平、永吉

前夜、終電にて奥多摩駅へ。迷惑にならないところで寝る。

5:30 起床
6:02 東日原行きの始バスに乗る。平日なので自分たちしか乗客がいない。
6:30 東日原に到着、少々車道を歩き、河原に降りる。
7:30 懸垂下降の確認や要らない荷物をまとめてデポし、遡行開始。

IMGP4048
 鷹の巣谷の出合

入渓してすぐに5,6mの小滝や、ワサビ田跡をいくつか越える。
岩を並べた堰堤が幾つかあり、風情が良くない。

しかし途中からは人工物も減り、少しは味のある小ゴルジュ帯や小滝が現れる。
中には残置の支点も見られた。確かに新人を連れてくるなら、ここは確保するか、というところが大滝前に数ヶ所あったが、我が新人の永吉は「大丈夫ですよ」と答え、おれよりも速く登ってくる…

PA120375
  このような4,5m滝が続く。

なんといってもハイライトは大滝20メートルだ。9:15に大滝に到着。
最初に遠くから遠望した時は登れるわけないだろ、と感じる垂瀑なのだが、近くに行くと右壁が楽に登れそうなのがわかる。

PA120376
  20m大滝

大平リード、永吉セカンドでロープを使って登る。水流には全く触れないルートで途中ランニング用の残置ハーケンや支点を取れる木の根っこがある。
IMGP4058
  大滝を登りロープをたたむ永吉。
これを登ってしまうとこの後先はアクセントのない沢がだらだらと続く。しかも急斜面。鷹ノ巣谷は1000mの標高差があるから…。
というわけで、大滝後、水ノ戸沢を進み(奥で二俣に分かれており、それぞれ名前がある。これは右俣のほう)1時間ほど遡行を続けたが、11:15詰めを最後までせず斜面を登リ始める。
12:45 稲村岩尾根に到着
14:10 入渓地点まで下山完了

まとめ
見ての通り、遡行終了から下山までに3時間近くかかったため相方はバテバテであった。次行くのであれば、大滝までにし、その後下降でもいいと思う。10月だが水はそんなに冷たくなかった。またいつも思うのだが、びっくりするような上流まで、魚が住んでいるのでびっくりした。
大滝は2人とも楽しめたので良かった。
(記入:大平)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です