釜ノ沢東俣遡行撤退(2010/10/16-17)

16日、17日と紅葉が綺麗であろう西沢渓谷に、沢登りに行った。

028

しかし、今回はメンバーの1人が転倒時に手の小指を骨折するというケガを負ったため遡行を断念し下山、まだ目標の釜ノ沢に本格的に入る前であったため、その日の内に自力下山できた。

要因はケガ人がまだ沢登り2回目の者であったため沢での歩行に慣れていなかったためと思われる。とはいえケガの要因は考え出せばいくらでも挙げられるものであるし、当人も落ち込まずにいてくれているため、要因を考え出して並べるようなことはしない。

あくまで偶発的ものを含め事故は起こりえるものであり、それをいつも念頭に置きながら可能性をできるだけ排除していくことが大事だと気づかされる活動だった。

 

>フミタカ 治ったらまた行こう!

 

メンバー:4年大平、3年佐野、1年佐藤史、1年佐藤学、元探検部・理科大4年山下

16日(土曜)

20:00 都内レンタカー屋出発

24:00 西沢渓谷駐車場着

17日(日曜)

 6:00  起床

 8:00  駐車場を出発

10:20 山ノ神 (途中、旧登山道が不明瞭だったため、予定時間を遅れる)

12:15  ケガ発生(東沢と西のナメ沢の出合付近)下山開始

16:30  下山完了

22:00 都内着
 

記入:大平

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です