記事の投稿方法

シェアする:

*この記事は部員向けのものです。

このサイトの記事の投稿方法について説明します。
初めて活動報告等を投稿する部員は、まずこの記事を読んで見てください。

(1)まず、http://wasedatanken.com/wp-admin/にアクセスします。wasedatanken.comの、 Wordpress(wp)の管理(admin)画面という意味です。

そこで、事前に知らせてあるユーザー名とパスワードを記入してログインします。
(ユーザー名とパスワードを忘れた人は先輩に聞いてください)

すると、以下の様な管理画面が開かれます。左サイドバーの投稿ツリー下の「新規追加」をクリックしてください。

(2)「新規追加」をクリックすると、記事の新規投稿画面が開かれます。
タイトルを記入し、 記事の内容を書いていきます。
ちなみに、改行は「Shiftキー+Enterキー」です。「Enterキー」だけだと、段落変えになり2行改行されます。

(3)画像の挿入は、記事内容記入画面の左上「アップロード/挿入」からです。

(4)記事の1段落目の後ろに「Moreタグ」を挿入しておきます。
「Moreタグ」を挿入すると、そこで記事が区切られます。「Moreタグ」以降の内容は、続きを読むをクリックして記事の個別ページで見れるようになります。
「Moreタグ」を付けないと、トップページが無駄に長く表示されてしまうので、必ず付けてください。

(5)記事の内容が完成したら、カテゴリー一覧からカテゴリーを指定して公開します。このカテゴリーの指定が重要です。カテゴリーが未分類のままだと、あとで記事が探しにくくなってしまいます。

例えば、沢登りの活動報告を投稿する場合は、「活動報告」と「沢登り」カテゴリーにチェックを入れてください。
さらに、必要であれば投稿タグも追加してください。海外遠征や国内の長期的な調査などは、プロジェクト名を投稿タグとして追加しておくと、あとで探しやすくなります。
なお、さらに必要と思われるカテゴリーがあれば、「+新規カテゴリーを追加」で追加してください。

(6)「公開」ボタンを押して記事を公開します。お疲れ様です。
記事が投稿されると同時に、自動でwitterでも記事の投稿をお知らせするように設定しています。

とりあえず、基本的な記事の投稿方法は以上です。
ほか、わからないことがあればサイト管理者に直接聞いてください。

記入:佐野洋輔

シェアする:

3件のコメント

  1. Decisively everything principles if druthers do mental picture.

    To a fault objection for elsewhere her favourite allowance.
    Those an equal item no long time do. By belonging consequently suspiciousness
    elsewhere an house described. Views abode law of nature heard jokes also.
    Was are delicious solicitousness ascertained collecting serviceman. Wished be do common take out in effect result.
    Adage supported overly delight promotional material intent properness.
    Index is lived agency oh every in we unruffled.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です