探検部とは

シェアする:

早稲田大学探検部は、海外での探検を目標に据えて活動するサークルです。
探検部の歴史は長く、2008年には創部50周年を迎えました。

探検部では、年間を通じてさまざまな活動が行われています。
部員の目標となる海外遠征では、近年、未踏洞窟の測量調査や未踏峡谷の遡行、未確認生命体調査などが実施されました。
国内では、訓練と称して週末のたびにアウトドア活動をしています。山登りをはじめ、それぞれ興味に合わせてケイビング(洞窟探検)や沢登り、クライミング、ツリー・クライミング(木登り)、UMA調査、妖怪調査などをやっています。

探検部の魅力は、他人に合わせることなく、自分の好きな活動を気の向くままにできることです。探検部では強制参加の活動はほとんどありません。それぞれが多岐多様な活動をしており、それが部員同士のいい刺激になります。

なお、毎週火曜日19:00より部会を開いています。部会では、活動計画の審議や活動の報告、情報交換、 部の運営についての話し合いをします。部会の後は、飲みたい人で飲み会に行きます。

Twitter:https://twitter.com/wasedatanken

Facebook:http://www.facebook.com/wasedawuec

シェアする:

1件のコメント

  1. 上原くん

    失礼します。
    探検部OBの者です。(匿名)
    久しぶりにサイトを拝見したところ、こちらのメッセージに気づきました。
    OBとして何点か指摘させていただきます。(いつの時代もいる「若者に物申したがるご年配」として捉えてもらって結構です。)
    まず第一に、人にお金を乞う態度ではないことに気づくべきです。
    僕たちは君たちの活動を支援したいと思いますが、この仕方ははっきり嫌です。
    なぜ必要なのか、今どういった財務状況なのかこんな書き込みをせずに、文書を作成するべきです。
    次に、福島県でのボランティア活動について。
    ボランティア活動に参加したことは有意義なことだったと思います。しかし君の文章からはボランティアは有償活動であるということが伝わってきます。被災地の方々は君の心情を知ったらどう思うか考えていただきたいものです。

    以上、よろしければ返信ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です