部員紹介

探検部部員紹介

〈3年生〉
"現役の”最高学年にして中間管理職。今年もこの学年は男だらけでやっていきマグロ。

塚越
役職 幹事長
学籍 早稲田大学文化構想学部3年
活動 食探しin青森、冬山、ナイトハイク、1000kmのヒマラヤ隊
物静かなイケメン。感情を露わにすることは少ない。新歓合宿で2年連続リタイアの憂き目に遭い、ナイトハイクで魑魅魍魎を探そうとするも参加者が多すぎて失敗した。色々とツいてない男。

阿部
学籍 早稲田大学人間科学部3年
活動 北部西表島探査、冬山、熊野古道踏査Ⅰ、洞窟
真面目でストイックな男。目的のためなら手段を選ばない。部員とビジネスコンテストで活動資金を稼ごうとするも世情に疎く失敗した。複数の計画を段階的に同時並行で進めているが、いつ達成できるのかは不明。臨床心理学を勉強しており、1年間アメリカ留学に行っている。

五十嵐
学籍 早稲田大学政治経済学部3年
活動 釣り、北部西表島探査、熊野古道踏査Ⅰ、インドネシア洞窟調査
パワーエイジ。政経の名に恥じない知能の高さを持つが基本的には何も考えていない。元バスケ部で体力はあるはずが、初期にはよくエネルギー不足で倒れていた。自分では計画を立てたことはないが、参加経験は3年生ではトップ。新歓合宿では周囲の予想を裏切る奮闘を見せた。

江原
学籍 早稲田大学政治経済学部3年
活動 食探しin青森、洞窟、釣り、ナイトハイク、インドネシア洞窟調査
探検部では数少ない常識人。真面目な方の政治経済学部。自分の仕事はしっかりとこなす。洞窟に興味がある。新歓合宿では眼球の角膜が抉れリタイアした。小笠原と共に釣り活動を始めた。愛を大切にしている。

小笠原
学籍 早稲田大学文学部2年
活動 化石、北部西表島探査、釣り、インドネシア洞窟調査
西表島では滑落未遂を起こしたが無傷で生還した。精神は弱いが体力はある。Amazonや楽天で装備を揃え、いつもコスプレのような格好をしている。釣り未経験ながら外来種を狙うも、何も釣れずに終わった。欲望に正直すぎる男。

小林
学籍 法政大学文学部4年
活動 断食、食探しin青森
大人しく普段はあまり目立たない。「無」と評されることもあるがそれはコミュニケーション能力の高さ故である。いつも静かに部員を見守っている。一晩中火の番をすることもある。これまで探検部には無かった断食の計画を立て、敢行。極限状態に挑んだ。

小松
学籍 早稲田大学法学部3年
活動 カムチャツカ未踏峰、ミイラ作り、断食、樹海歩荷
カムチャツカ遠征隊隊員。早稲田祭運営スタッフでのキラキラした夏休みを犠牲にして、過酷なカムチャツカの大地を踏んだ。恵まれた体格と体力からポーターとして扱われる。キレることは滅多にない。優しい苦労人。鹿でミイラを作った。新歓係として新入生からの信望が厚かったが、新歓合宿で脳筋が露見してしまった。

酒井
学籍 上智大学文学部新聞学科4年
活動 釣り、スーパー林道、熊野古道踏査Ⅰ
自称早稲田に10回落とされた男。新歓合宿で優勝しなければ退部するはずだったが優勝してしまった。元アメフト部で、体力と集中力は無尽蔵であり、他の追随を許さない。コミュニケーションを重視しているらしく、活動中、フィールドでの情報収集能力はかなり高い。

佐藤
学籍 早稲田大学創造理工学部3年
活動 食探しin青森
活動に参加することは少ないが、なぜか能力は高いレベルでまとまっており、大抵の事をそつなくこなす。何度か計画を立てたが挫折した。対人能力が高い。単位もしっかりとっている。

橋谷
学籍 早稲田大学社会科学部4年
活動 トレラン、スーパー林道、食探しin青森
活動中の食へのこだわりが強く、凝った料理に挑戦する。どんな状況でも会話を議論にしようとする。体が弱く、よく体調を崩す。山スキーができるらしい。デジタル機器は苦手。2年生唯一の非喫煙者。

森口
学籍 早稲田大学文学部3年
活動 沢、北部西表島探査、インドネシア洞窟調査
メンタルが弱く些細なことですぐにキレる。意欲は人一倍あるが体力に自信が無い為、計画を考えても自分で実行しようとしない。モサモサの頭に黒縁メガネ、ロックバンドのTシャツを着て、いつも難しい本を読んでいる。前歯を丹沢に捧げた。

〈2年生〉
現役探検部の主力。女子の権力◎

杉本圭吾
役職 システム
学籍 東京理科大学工学部2年
活動 隠れキリシタン調査
無神経で目の前ことしか考えていないことからバカと形容されることもしばしば であるが、物事に対する集中力と懸命さは誰にも負けない闘牛みたいな男。そん な彼の奔放ぶりと積極性を羨む者もいる。今年は宇宙ロケットのサークルに精を 出していた。洞窟に興味があるらしく、夏のインドネシア遠征の参加を目論んで いる。

佐藤直哉
役職 保険
学籍 慶應義塾大学商学部2年
活動 中央アルプス縦走
筋金入りのめんどくさがり屋につき、よほどのことがない限り重い腰を動かさな い。コミュニケーション能力が高く、人を思いやれる優しさを持ち合わせている。 慶應のクライミングサークルに所属しており身体能力も高く株投資の大会で優勝 などの才覚はあるものの、探検に対する熱意はべらぼうに低い。まるで眠れる獅 子だが、願わくば早く起きてほしい。麻雀にどっぷり明け暮れる自堕落な日々を 送っている。

小池崇仁
役職 新歓、書記
学籍 早稲田大学商学部2年
活動 インドネシア洞窟調査、丹沢糞ピーク縦走、中央アルプス縦走 、インドネシア洞窟調査
探検部のダメな連中とは適度に距離をとり、彼らに引きずられることなく文武両 道を達成している。1 年生ながらインドネシア遠征に参加。最初は洞窟に関心を 寄せていたが、次第に登山にシフトしていった。今では周囲に引かれるほど山に ぞっこんである。夏のアルプス大縦走を目標に掲げ、彼は今日も山に登る。

田口慧
役職 副幹事長
学籍 早稲田大学教育学部2年
活動 ヒマラヤ遠征、幻のレインボーガーネットを探せ 、1000kmのヒマラヤ隊
小柄で童顔故に、年齢を感じさせない若々しい風貌であるが、医学部三浪の猛者である。数々の苦難を乗り越えてきた風格がにじみでており、責任感の強い頼れ る存在だ。入学式の日にヒマラヤ遠征参加を決意→休学という比類ないぶっとび 様である。探検部に対する思い入れも深く、2年生ながら副幹事長を務める。

岩崎雅
役職 広報
学籍 武蔵野美術大学映像学科2年
活動 めんどくさーい捕鯨の話、隠れキリシタン調査
AKB の指原莉乃みたいな口ぶりで、時々つんざくような黄色い声をあげる。いか にも遊び慣れしているような印象を受けるが、香川の田舎出身。美大に籍を置い ていることも相まって、謎めいたところも多く、その真相はベールに包まれてい る。最近、社会に切り込むジャーナリスティックな企画をぶちあげた。

田辺

学籍 東京外国語大学言語文化学部トルコ語科2年

活動 富士風穴探査、ラウテ族遠征

トルコに興味があり、大学の長期休暇になるとすぐトルコへ留学に行く。

夏はポップで派手な格好をしていたが、冬になると落ち着いた色合いの服を好んだ。

先輩の訳が分からない難しい話にもついていける地頭の良さが羨ましい。

役職 書類管理

学籍 学習院大学国際社会科学部4年

ものすごい頻度で一人旅に出る。たまに消える。か弱そうな女の子に見えるが一人で様々な場所を飛び回るガッツが魅力。民族衣装を普段着として着用しているため、いつ会っても民族衣装姿を拝める。

活動への参加頻度は高くないが、議論になった際は客観的で正当な意見を出してくれるありがたい存在。

松原

役職 会計、書類管理

学籍 早稲田大学文化構想学部2年

活動 幻のレインボーガーネットを探せ

右翼。良い意味で屁理屈屋。イタズラ好き。

探検部の中でも他部員から一歩引かれているような変わった先輩と仲がいい。きっと自分に近いシンパシーを感じるのだろう。

上條

役職 書記

学籍 聖心女子大学文学部2年

活動 ラウテ族遠征

身長が高く足が細い。おまけに小顔で鼻が高い。

ピアスを開ける時の感覚にハマり、耳にたくさんの風の通り道がある。姉御な見た目とは裏腹に、繊細で少女のような心の持ち主。クライミングを頑張っている。

慣れてきた先輩にはサラッと友達口調で話し始めるが、距離感がイマイチ掴めない。

岩崎リオ

学籍 慶應義塾大学経済学部3年

活動 富士風穴探査

帰国子女。アメリカンなノリでフットワークが軽い。新歓合宿では道に迷い相当酷い目にあったが全く動じず。持ち前の体力と精神力で強く今を生き抜く。

美術やパフォーマンスにも興味があり、ダンスサークルに所属している。

西川

学籍 聖心女子大学文学部2年

活動 富士風穴探査、隠れキリシタン調査、めんどくさーい捕鯨の話

清楚なお嬢様。暇な日を見つけては近隣諸国にフラッと旅をしに行く。生きているだけで面白エピソードを生産してしまう。

活動中の料理にこだわるタイプ。重い荷物の中から立派な食材を出してくるが、料理は目分量で適当に作るところが少し抜けている。一緒に活動へ行くとおいしい朝食でご機嫌な朝を迎えられる。

山田

役職 広報

学籍 慶應義塾大学商学部1年

活動 隠れキリシタン調査

探検部オカルト部門。根は非常に勤勉であり大学も家から遠くないが、通えず落単。

話は真面目に聞いてくれるのにあまり目を合わせてくれない。

1年目は何かと先輩の背中を追いがちであるが、山田ワールド全開な発想で他にはない独創的な企画を出し続けている。新歓合宿の時点で早くも今までの常識を覆す行いをし、新歓合宿での固定概念を変えた。

 

現役OB(4年生以上)
数々の活動を経験してきたスペシャリスト。ご意見番。百戦錬磨の論客でもある。

〈4年生〉
就活に勤しむもの、単位の回収に努めるもの、様々。

走出
学籍 早稲田大学人間科学部4年
活動 朱鞠内開拓塾、中央アルプス縦走、冬山、無人島第二部室制作、カムチャツカ未踏峰遠征、インドネシア洞窟調査
念願が叶い晴れて幹事長となった。酒を飲み感情が昂ると叫び出す。自称仕事ができる人。能力は高い。だが今のところ計画する活動はつまらない。カムチャツカ遠征に参加。積極的に他大の探検部などと交流を図る。彼女ができたらしい。

大倉
学籍 早稲田大学人間科学部4年
活動 ナイル川最長源流調査、毒ガス温泉、冬山、沢、南アルプス横断、1000kmのヒマラヤ隊
楽観的でいいかげんな人物に見えるが、実は堅実に考え、慎重に動く。よく死にたいと口にするが、死なない。ルワンダで側溝に落ち、足を手術されている時は放心状態になっていた。雪山登山を積極的に行っている。故郷岡山を愛しているが、いざ岡山に帰ると東京自慢で女を釣る。殺し文句は「インターン先が渋谷」。

菊池
学籍 早稲田大学教育学部4年
活動 サバイバル登山、無人島第二部室制作
聞き上手。体力はないが根性はある。彼女の写真を撮るとなぜか映える。総合商社勤務の父を持つご令嬢。会計という役職に就き金銭の管理を任せられているというより押し付けられている。キレると中指を立てる。はなちゃんモードにしばしば入る。

鹿野
学籍 早稲田大学文学部国語国文学科4年
活動 四国遍路、サバイバル登山、土食、昆虫食、1000kmのヒマラヤ隊
何も考えていないので黙々と歩き続けるのが得意。上級生やリーダーには考えなしに同意する。少しのことでは動じない精神力を持っているので安心感はある。その安心感からか部内で個人的に海外に行く際、よく彼がパートナーとして選ばれる。口が悪いタイプのコミュ障。拾ってきた朝日新聞の服を着ていた。

黒田
学籍 東京理科大学理学部化学科3年
活動 ナイル川最長源流調査、洞窟、インドネシア洞窟調査
関西からやってきた探検部歴8年の最長老。ヒッチハイクが得意。サバイバル中でもこっそりと居酒屋に行く。洞窟のプロフェッショナルとして入部したがまともに活動しない。コネバイトを独占するために入ってきたのではないかという疑惑が高まりつつある。守銭奴。


学籍 早稲田大学先進理工学部4年
活動 昆虫食、ホンオフェ作り、化石、言語禁止狩猟
探検部3年生の頭脳。幡野と共にディープウェブの探検を行った。いつもゲテモノを真っ先に食べてお腹を壊す。新歓合宿では2年連続で熱を出す。重い荷物を背負って腰を壊す。薬でドーピングしている。最近、探検部を辞めた某部員に多額の金を貸しているらしい。色々と闇が深い。

野田
学籍 明治大学農学部食料環境政策学科4年
活動 朱鞠内開拓塾、昆虫食、雪山、サバイバル登山、自転車本州縦断、トレラン、釣り、カムチャツカ未踏峰遠征
旧:台東のせなちん。とても気が利く。北斗の拳を電車で読み号泣する。食の探検に興味があり食べ物をとても大事にする。魚屋の娘。たまに蟹や伊勢海老を持ってきてくれる。最近はサウナ→水風呂の快感に探検の境地を見出している。後輩への愛が強い。

幡野
学籍 早稲田大学文学部4年
活動 東京23区完全歩行、中央アルプス縦走
寡黙だが意見はしっかりと主張する。活動中の防水対策徹底化を推進しようとしているが、誰よりも防水対策ができていないのは彼。部の活動としては却下されてしまったが、ディープウェブの探検という全く新しい活動を打ち出した先駆者。現在就活中。その進捗を知る者は誰もいない。

毛利 (休部中)
学籍 早稲田大学創造理工学部4年
活動 菩薩になろう、目隠し、言語禁止狩猟、
彼の部室内喫煙のせいで学生生活課から部室を差し押さえられた。問題に対して決して非を認めずに場を切り抜けようとするのが上手い。論理的で賢そうに見えるが、議論になると相手の話を聞かずに、議論の着地点を見えなくする。二浪の弊害かと思われる。味覚が鋭く、目隠しをした状態でも食べ物の素材を正確に言い当てた。

山内
役職 書記
学籍 早稲田大学文学部4年
活動 土食、朱鞠内開拓塾、サバイバル登山、沢、目隠し、ニホンオオカミ
美味しい土を探し求めている。朱鞠内では極限状態の中で犬にブチ切れた。穏やかでない一面も持つ。考古学を勉強している。最近一人暮らしを始めたが、部員があまりにも居座るため殺気立っている。自転車が倒れると悲しくなる。

〈5年生〉
カレーは三日目から。大学生は5年目から。

大越
学籍 早稲田大学文化構想学部4年
活動 ホンオフェ作り、多摩川遡行、無人島サバイバル、洞窟、ツーリング、九十九里ヶ浜漂着物、昆虫食、モンゴルゲル制作手伝い、南アルプス横断、目隠し(監督)、
プロフィルマーカー。自然豊かな山奥で育った。読図能力に秀でており山や歴史などの知識も豊富。プライドが高く何に対してもこだわりがあり頑固。注意欠陥でよく自転車事故を起こす。周りから批判されると拗ねてなげやりになってしまう。スキンヘッド、高身長、赤い服、うるさい。とにかく目立つ。実は後輩思いで優しく面倒見がよい。

久保田
学籍 早稲田大学文学部4年
活動 廃寺探索
5年の紅一点。会計の仕事に存在意義を見出していた。体力や読図能力の低さを気にして常に謙虚な姿勢でいる。探検部が好きらしいが、同期はみな彼女に好かれている気はしないという。迂闊にいじれない存在。女子の先輩と話す時だけはすごく楽しそうにしている。後輩の女子部員からはかなり慕われている。家族や友人をとても大切にするしっかりものの長女。ニホンオオカミ調査の後継者。

井上
学籍 早稲田大学政治経済学部4年
活動 冬山、洞窟、廃寺探索、北朝鮮・平壌マラソン(中止)、釣り、カムチャツカ未踏峰遠征、1000kmのヒマラヤ隊
カムチャツカ調査隊のリーダー。入部当初は良い写真を撮るために活動していた。撮影機器や映像編集などに詳しい。探検部の頭脳。世渡り上手で事情通。遠征の資金作りにクラウドファンディングを始め、ポスター・動画制作も行うなど、非の打ちどころがない。ように見えて、意外と抜けているところがある。最近まで自転車に乗れなかった。

小野寺
学籍 武蔵野美術大学4年
活動 化石、スペイン巡礼、昆虫食、無人島サバイバル、モンゴルゲル制作手伝い
文才があり小説家を目指している。大人しいが誰よりも感情と私情で動く危険人物。福田以外の同期全員と一人ずつ喧嘩し最終的には和解している(?)。謎の心境の変化で酒を飲まなくなり、以降何故か茶髪になった。基本的にマメな性格で事務的な仕事で能力を発揮する。最近は部会にも来ず安否が不明。

中川
学籍 早稲田大学人間科学部4年
活動 ナイル川最長源流調査、冬山、サバイバル登山、無人島サバイバル、朱鞠内開拓塾、昆虫食、北朝鮮平壌マラソン(中止)、釣り、1000kmのヒマラヤ隊
部の潤滑油にして精神的主柱。九州の体育教師っぽい見た目だが生まれも育ちも東京新宿区。おぼっちゃんでピアノを弾ける。いつもふざけているが、5年生の中では最も実年齢と精神年齢が高い。自称頭脳派。昂揚会にも所属。

福田
学籍 早稲田大学文化構想学部4年
活動 自転車本州縦断、雪山
たまに優秀な働きをするも福田だからという理由で評価されない。どんなにいじられても愚痴をこぼさない。超ブラック企業でも生き抜ける。UMAや未確認島を追おうとするも、自ら存在を信じきれなくなり投げ出す。バイト先ではぶいぶい言わせている悲しい人間。部内有数の常識人と評されるが、そんなことはない。

<6年生>
「学校」を意味する英語「school」の原義は、ギリシア語の「余暇」を意味する「schore」に由来していると言われています。

小野
学籍 武蔵野美術大学大学院2年
活動 ナイル川最長源流調査、スラウェシ島マンドゥ山クライミング、カンボジア鳥の巣調査、昆虫食、スペイン巡礼、カムチャツカ未踏峰遠征、1000kmのヒマラヤ隊
現役生の義務から解き放たれた今では活動中でも部会でも映像ばかり撮っている。突っ立っているだけでトラブルに巻き込まれる。義務を果たさず権利だけを主張するタイプ。香川の親戚からお金を大量に貰ってきては、惜しげもなく撮影機器に費やす。油絵学科を卒業したが、在学中に一度も油絵を描いていない。